キミドリさんとペンギンくんの日常に
心がほっこり温まるブログです!

ホッカムリー王国からやってきた、いつもほっかむりをしているキミドリさんと、水族館で働くペンギンくんの日記からできているブログです。
デビルさんや神様など個性的な仲間たちと楽しく暮らしています。
お仕事や家事などのちょっとした合間に、ほっこりしていただけたら幸いです。

キミドリさん

ホッカムリー王国から長く厳しい航海をして日本へやってきました。海辺で倒れているところをペンギンくんに助けてもらいました。

水族館で働くペンギン君の社宅に居候しています。おにぎりが大好きなポジティブな青年です。
いつもほっかむりをしていて、ほっかむりを路上で売る仕事をしています。

ペンギンくん

ニュージーランド出身のコガタペンギン。
水族館で働いています。スターになるのが夢でフラフープが得意です。
倒れているキミドリさんを介抱して、さらに居候をさせてあげる思いやりのあるペンギンです。

デビルさん

いわゆる悪魔ですが、キミドリさんとペンギンくんと仲が良く、一緒にキノコ狩りに行ったりパーティーを楽しむ微笑ましい一面もあり、意外と良い人です。
頭が尖ってるので傘がすぐに破れます。服も。
ペットのタランチュラをかわいがっています。

神様

いつも身震いしていて弱そうだけど、毎年春には冬眠から目覚めた森の動物たちがあいさつにくる偉大なる存在です。クマの甘噛みにいつまでたえられるでしょうか。
神様なので家もお金も必要ないけど、時々こまるので、路上で雑誌を売ったりしています。
餅すすりが得意です。

コウテイペンギンさん

ペンギン君の同僚で、社宅の隣人。
背が高いためにいつも全身が見えない。
普段は穏やかだけど、釣り堀で突然、野生に目覚めて魚を捕りまくったり熱くなることもあります。
泳ぎが得意でペンギンくんによく教えてあげています。
南極出身なので夏がとても苦手。

1回ぐらいしか登場してないけど
印象的だったキャラクター

ペンギンくんのお母さん

ニュージーランド在住。
ペンギンくんのためにセーターを編んで送ってくる優しいお母さん。
心配性で、ふいに日本までペンギンくんの様子を見に来ることがあります。

デビルさんの親戚の方々

デビルさんの親戚で、やはり悪魔的な方々です。
夏はお化け屋敷をやっています。とてもリアルなお化けが出て来て恐怖を楽しめると評判です。出て来れない場合もあるそうです。

伝説の傘職人

凄腕の傘職人。手元が光ってよく見えないぐらいテキパキと仕事をします。
熟練の技で出来た傘でもデビルさんの頭の尖りですぐに破れます。

たまご売り

卵を売っている男。
卵から生まれたペンギンくんにとっては憎い存在で「この人でなしが〜」と、温厚なペンギンくんが怒っていました。

イルカさん

ペンギンくんの同僚。よく一緒に組んで演技をします。
ストレスによりペンギンくんのフラフープをかじってボロボロにしてしまったことがあります。

作者プロフィール

キミドリさんとペンギンくん作者
日南本 文乃

大阪にてWeb制作をしています。
主に、セールスに特化したコピーを活かす、売り上げのあがるLPを制作しています。

「キミドリさんとペンギンくん」は十数年前にWebデザイナーになりたてで四苦八苦していた頃に、ブログを作る勉強のために作り始めました。
読み返すと恥ずかしいやら面白いやら、なんともいえない気分になります。

「キミドリさんとペンギンくん」のお話で、友人と歌&朗読をしています。

アートフリーマーケットなどのイベントで
グッズを販売していたこともありました
(今は販売していません)

アートフリーマーケットなどの
イベントでグッズを販売していた
こともありました
(今は販売していません)

ふと思い立って、ぬいぐるみや本やハンカチやポストカードなどのグッズを作って、作家さん達が出展するフリーマーケットに参加したことがあります。
初めての出展が、京都アートフリーマーケットという格式のある京都文化博物館でのイベントで、よく考えずに抜群に良い場所をとりました。
芸術的な作品を販売している中で、私のブースはかなり浮いていたけどキミドリさんは大人気でした。

NPO法人ゴールデンベル主催のクリスマスコンサートに出演します。
未来へ歌いつなぐ心のうた絵本「ゆきのひのキミドリさんとペンギンくん」という演目で出演します。
私が紙芝居でお話を進め、お友達はウクレレで弾き歌いをします♪

他にもオペラやピアノなど盛りだくさんの楽しいコンサートです。

2017年12月17日(日)
エトレ豊中5階すてっぷホール
会場13時15分
開演13時30分
会場1000円

ここ数年更新していませんが、
よかったら見にきてくださいね!